スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ボナールの面白い話



フランスの印象派の画家、ボナールの話です。


彼は、
自分の絵が飾られているルーブル美術館で、細い絵筆を手に逮捕されました。


彼は、自分の絵の仕上げをしていたのです。


そして、
すぐ、警備員に捕まって彼は言いました。

「 私は、ボナールだぞ!ボナールだぞ!」


警備員は

「 絵は、すでに、ルーブルの物です。」


っと言ったそうな。




やっぱ、これが、世のルールですよね。笑
朝日と







↓参加しています。クリックお願いします。
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村



















スポンサーサイト

テーマ : 絵画・美術 - ジャンル : 学問・文化・芸術

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。